ボトックスの効果とは【発達しすぎた筋肉を委縮させて小顔を目指す】

サイトメニュー

プチ整形で理想の顔

顔に触れる女性

シャープなフェイスライン

エラの張ったフェイスラインは、顔が大きく見えてコンプレックスの原因になります。エラ張り顔を整形して、シャープなラインの小顔にするために、ボトックス整形に人気が集まっています。エラ張りの原因のひとつとして、咬筋と言って顎の筋肉が発達して、エラの様になり顔が大きく見えることが上げられます。ボトックスは、筋肉を弛緩させて、筋肉の発達を抑制する効果がありますので、顎の発達した筋肉に注入することによって咬筋を退化させます。施術は、注射器を使用して注入するだけですので、簡単で施術時間も数十分で終わります。ダウンタイムもほとんど無く、施術後すぐに通常の生活を送ることが出来ます。施術跡も注入をした部分の回りが、注射をした後のように赤くなることがありますが、メイクや服装で隠すことが出来ます。小顔効果が現れ始めるのは、一般的に2週間後ぐらいから徐々に現れ始めます。ですので、回りの人に施術をおこなったことが分り難いです。仕事等で忙しい人も、会社を休むことが無く施術を受けることができます。ボトックス施術をおこなう時に大切なことは、クリニック選びになります。多くのクリニックで、無料のカウンセリングをおこなっていますので、医師によるカウンセリングを必ず受けることが大切です。カウンセリングの中で、施術の方法やボトックスの注入量などを確認するだけでなく、施術の実績や費用面なども確認をすることが大切です。施術後のケアに関しても、気になることは何でも相談をすることが大切です。質問に対して、丁寧に分り易く説明をしてくれるクリニックは信頼がおけます。小顔効果に対するメリットだけでなく、副作用に関しても丁寧に説明をしてくれるクリニックを選ぶ必要があります。また、カウンセリング時に事前にクリニックを訪問することによって、クリニック自体の印象も実感できます。カウンセリングは、複数のクリニックを訪問し、自分に合ったクリニックを選択する必要があります。施術後、暫くしても小顔効果が現れなかったり、肌や体調に異変を感じたりしたら、自己判断で対応は危険です。直ぐに医師に相談をして、正しいケアをすることが大切です。

Copyright© 2018 ボトックスの効果とは【発達しすぎた筋肉を委縮させて小顔を目指す】 All Rights Reserved.